くじゅう連山の絶滅したイヌワシについて

当staffは20年前以前にイヌワシの生態学習を専門家を学校にお呼びして校内学習をした覚えがあります。うろ覚えで記憶が曖昧ですが、当時黒岳周辺に生息し今水登山口付近にもいた事がありました、当時はつがいで生息しておりましたが、いつの間にか一羽になり絶滅しております。当時警察のパトカーにもイヌワシ号と載ってあるほど絶滅危惧種の保護に久住町直入町庄内町は努め見守っていたのが顕著にわかります。年々生態系も変化が著しいのが現状です。自然保護活動の裏には環境省レッドデータブックに載ってある絶滅危惧種が久住高原にあり当法人でも今久住高原にその絶滅危惧種があるため保護活動を展開しているのが現状です。あわせて久住町大船山のミヤマキリシマ保護活動をしています。イヌワシの羽を広げ飛んでいる姿は本当大きかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。